モンベルのキャンプ用品の特徴とお得な買い方、セール情報

日本のブランド。キャンプ用品のブランドであり、登山やカヤック等のアウトドアアクティビティに関するグッズも豊富に扱っています。高品質&セールを行わないブランドを大切にするスタイルをとっています。また、モンベルのショップではバイオライトやヘリノックスなどの海外ブランドの正規代理店でもあります。

 

モンベルのキャンプ用品

モンベルはテントやタープ、寝袋といったキャンプグッズを自社ブランドとして作っています。また、海外のキャンプギアとして「ヘリノックス」や「バイオライト」などの商品も自社店舗やオンラインショップで販売しています。

 

また、ファッション(アパレル)にも力を入れているのが特徴です。モンベルショップではお店のスペースの半分以上はファッショとなっています。登山用、スキー用、サイクリング用、スポーツ用といったように様々なアウトドアで着ることができる洋服やシューズなども販売しているのが特徴です。キッズ向けの洋服もあります。

 

モンベルの洋服は機能性だけでなくスタイリッシュでもあるので、普段着(街着)としても十分に使えます。

 

モンベルでお得に買い物をする方法

モンベルは直営店でセールを行わないアウトドアショップブランドだと知られています。
なので、セールなどは考えずにいつでも買い物できるという反面で、お得に買うタイミングあまりないというのが欠点です。

 

ショッピングモールのポイントを活用する

モンベルが入店しているショッピングモール等のポイントカードを使ったポイント○倍といったようなポイントをもらうといった方法があります。

 

アウトレット店舗で購入する

2017年現在、全国に35か所のモンベルアウトレット店舗(ファクトリーアウトレット)があります。こちらでは廃盤商品やカタログに載らなくなった商品などをディスカウント価格で購入できます。

参考:モンベルのアウトレット店舗の一覧(公式)

 

モンベル会員は年1500円かかるけど無料にする方法もある

モンベルでお買い物をするときにモンベル会員になっているとポイントが貯まります。
ただ、このモンベル会員は年間1500円もするので、二の足を踏んでいる方も多いでしょう。

 

このモンベル会員を無料にする方法があります。
それは“ふるさと納税”を使うことです。

 

ふるさと納税でキャンプ用品・アウトドアグッズを賢くゲットする 」でも紹介していますが、長野県小谷村はモンベルのフレンドヴィレッジとなっており、関係が深い村となっています。
その為、小谷村へのふるさと納税(寄付)をすると、寄付額の30%分のモンベルポイントがもらえるようになっています。

さらに、モンベル会員の年会費1年分も無料になります。

 

なお、ふるさと納税って何?という方は「ふるさと納税の基本。特産品・特典をもらって得をする仕組み、計算方法」の記事も参考になるかと思います。

 

 

 

キャンプ用品を買うなら絶対持っておきたいクレジットカード