クーラーボックスの選び方、おすすめ商品

キャンプに行く時に、食材や飲み物などを保冷するための冷蔵庫代わりのアイテムです。断熱仕様のボックス状の箱で中に氷や保冷剤などを入れて冷やします。

新鮮な食材、冷たい飲み物をキャンプで楽しむために無くてはならないアウトドアアイテムの一つです。

 

 

キャンプにおけるクーラーボックスの評価

クーラーボックスを比較症と思うと、比較のポイントとしては下記が挙げられるでしょう。

 

保冷力

保冷力が高いものほど、外部の温度が高くても冷たさを長時間キープできます。なお保冷力は断熱素材とその厚みで変わってきます。

保冷力だけで言えば「真空断熱パネル」が強いです。その分価格は高めで重量もあります。小型で保冷力が必要な魚釣り用のクーラーボックス等に使われます。

 

一般的なキャンプ用のクーラーボックスでは「発泡ウレタン」が利用されます。保冷力についてはその厚みでかわってきます。当然厚みのあるクーラーボックスの方が保冷力が高くなります。

 

 

内容量

キャンプで使うクーラーボックスは飲み物や食材などを多く入れるためどうしてもサイズは大型になります。一般的には人数や宿泊日数などである程度の目安があるものの、30リットル~50リットルといったサイズ感が妥当なところです。

 

 

重さ(軽さ)

基本的に内容量が大きくなるとその分、重量も重くなります。また、保冷力が高いクーラーボックスほど重いという傾向があります。

そのため、軽さを重視するなら容量または保冷力をある程度犠牲にする必要があります。

 

 

おすすめのクーラーボックスとスペックの比較

まず、しっかりとした保冷力や耐久性を望むなら1万円以上はするクーラーボックスを選びたい所です。ホームセンターなどで5000円以下のクーラーボックスもありますが、それは数時間の保冷といった日帰り旅行くらいのもので、1泊以上のキャンプをするならもう少しスペックの高いものを選ぶようにしましょう。

 

ロゴス ハイパー氷点下クーラー

折り畳み可能な使い勝手の良さと高い保冷力を備えたお手軽なクーラーボックスです。ロゴスの保冷剤「氷点下パック」を利用すればアイスクリームでさえ7時間保存できるという驚きの保冷力が強みです。個人的にはLサイズ(20L)がおすすめ。

 

LOGOS アクションクーラー50

コスパ重視派におすすめ。大きなサイズの割に重量が軽いというのは大きいです。小さな蓋がついているので全体を開けなくても物が取り出せるのがいいですね!クーラーボックスの保冷力を落とすのは開閉ですから……。

 

コールマンスチールベルトクーラー(54QT)

おしゃれ度の高さでいえば随一といえそうなのがコールマンのスチールベルト(スチベル)

保冷力とサイズ感が程よく1泊2日、2泊3日くらいまでのキャンプに最適なサイズといえそうです。重量は9.1kgとなっておりまして、重いです(これに食材が加わるわけですから……)

 

 

 

キャンプ用品を買うなら絶対持っておきたいクレジットカード