ダッチオーブンの選び方、おすすめ商品

ダッチオーブンは直火で料理が可能なキャンプで使われることが多い鍋です。これ一つで、焼く、煮る

、蒸す、燻製といった様々な料理が可能です。

鋳鉄(ちゅうてつ)製のものが多いですが、近年では取り扱いがしやすいステンレス製や黒皮鉄板性のような素材のものもあります。

 

キャンプに必ず必要というアイテムではありませんが、あるとキャンプ料理がグッと楽しくなること請け合いです。

 

ダッチオーブンの種類とそれぞれの特徴

ダッチオーブンの種類は大きくその「素材」にあります。

 

鋳鉄製

ダッチオーブンといえば鋳鉄製!シーズニング(使い慣らし)が必要でIH不可、洗剤の使用不可といったように制約は多いです。使えば使うほどより深い味わいと、油によるコーティングで焦げにくくなります。
深く黒光りするようになった鋳鉄製のダッチオーブンは「ブラックポット」と呼ばれ多くのキャンパーに愛されます。
衝撃やヒートショックに弱いため、落としたら割れてしまった……なんてことがあるのは鋳鉄製のダッチオーブンの弱み。

黒皮鉄板製 ユニフレームが販売している鉄鍋に被膜を付けることによってさびにくくしたものです。洗剤や金タワシでも洗うことができるのでメンテナンスが楽。やや鋳鉄製のダッチオーブンよりもお高いです。
ステンレス製 ステンレス素材を使ったダッチオーブン。ステンレスなのでシーズニング不要、洗剤で洗うのももちろんOK。メンテナンスが容易です。価格的には3種類のダッチオーブンの中で最も高いです。

 

 

ダッチオーブンといえば鋳鉄製!

鋳鉄製のダッチオーブンの定番。紹介しているのはもっとも一般的なSLダッチオーブン。専用バッグ付きで使いやすい。シーズニング不要はうれしいですね

 

また、ダッチオーブンではありませんが、鋳鉄製のフライパンの「スキレット」もありますね。

 

メンテナンスしやすいと評価が高いユニフレームのダッチオーブン

ユニフレームのダッチオーブンは黒皮鉄板で錆びにくいというのが特徴。(ただし、絶対に錆びないというわけではないのでご注意ください。使い終わったらすぐに拭き上げておきます)

鋳鉄製のダッチオーブンとはまた違った美しさがあります。 スーパーディープは深くて使いやすいですがその分重量があります。

 

 

ステンレスダッチオーブンのSOTO(新富士)

パット見ではダッチオーブンとは思えないメタリックなダッチオーブン。ステンレス製なので錆びないというのは大きいです。ダッチオーブンは錆び、割れなどに注意が必要な調理器具ですが、そうしたメンテナンスがフリーというのは大きいです。

 

 

 

 

キャンプ用品を買うなら絶対持っておきたいクレジットカード