燻製器・スモーカーの選び方、おすすめ商品

燻製というのは食材に煙をかけることで保存性を高め、独特の風味をもたせる調理方法です。
燻製というとベーコンやハム、ソーセージ、スモークサーモンなどを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、日本でも鰹節などは燻製の一種です。

 

自分で燻製したベーコンは市販のベーコンとはまるっきり違います。煙を出すという工程上、自宅ではなかなかできない燻製だからこそ、キャンプのようなアウトドアで楽しみましょう。

 

 

燻製をするには

燻製をするには事前の下準備が必要なものが多いです。
特にベーコンのような肉類の燻製は事前に塩漬けなどの工程が必要になります。燻製づくりのレシピについては「燻製の作り方 燻製初心者でもできるガイドサイト」のサイトが参考になるかと思います。

特に、キャンプで試してほしいのは「ベーコンの燻製」です。ブロック肉を使う燻製で難しそうと思われるかもしれませんが、意外と大失敗はしないものです。

 

燻製器・スモーカーはどうしたらいい?

実は燻製は煙+一定の熱源があれば作ることができます。

キャンプ中であれば「熱源(コンロや炭)」+「段ボール」でも燻製はできます。

 

段ボールスモーカー 燻家

実際に段ボール製の安価なスモーカーも販売されています。

私が一番最初に買ったスモーカーも段ボール製でした。何度も使うのは厳しいかもしれませんが、1000円を切る価格で購入できます。自作よりは網などもついているので始めやすいと思います。

 

フォールディングスモーカーFS-600

折り畳み式のスモーカーの中では私は一番好きで愛用しています。

少し価格は高いですが、シンプルで機能性が高いです。フォールディング(折り畳み式)なのでキャンプなど外に持ち運ぶときも最適です。オールステンレスで丸洗いもOKです。 ちなみに「最強のキャンプスモーカー(燻製器)「FS-600」」でもレビューしてます。

 

スノーピーク コンパクトスモーカー

キャンプのBBQなどと一緒に作れるスモーカーです。

密封性が高く熱燻ができます。スモークチップを入れて網の上に食材を置いてBBQの網の上でいぶすこともできます。高温調理ができるので、市販のブロックベーコンやソーセージなどで簡易燻製を作ることもできます。

 

スモークチップ(スモークウッド)も必要

燻製をするにはスモークチップと呼ばれる煙を出すための木材が必要になります。ヒッコリー、リンゴやサクラのように木の種類で香りも変化します。

初心者の方なら万能なヒッコリーがいいですね。肉類ならサクラ、魚類や淡白な食材ならクルミやリンゴがおすすめです。

 

また、チップ(バラ)とウッド(棒状)の二種類があります。ウッドはそれ自体が熱源になるので、段ボール燻製の場合はこちらがおすすめです。チップは熱燻をするときにいいです。

 

進誠産業のスモークウッド

個人的には進誠産業のスモークウッドが使いやすさで(火のつきやすいさや維持しやすいさ)No1です。とりあえずウッドを使った燻製ならこちらを買っておけば問題ないです。

 

SOTOスモークチップ

なんといってもコスパがいいのはSOTOのスモークチップ。下の商品はサクラですが、他の木材のチップもたくさんあります。

 

 

 

キャンプ用品を買うなら絶対持っておきたいクレジットカード