ランタンの選び方、おすすめ商品

夜を楽しく過ごすのもキャンプの醍醐味。だからといって真っ暗で良いわけはありません。ランタンは大きく「ガソリンランタン」「ガスランタン」「LEDランタン」の3種類が今は主流です。特に近年ではLEDの進歩で電池でもある程度の明るさを確保できるようになりました。

 

ランタンの種類と特徴を知ろう

キャンプで使うランタンは大きく下の3種類。最近はLEDランタンを多用する人が増えています。ガソリンやガスのランタンを利用する場合は、バーナー

 

などと共有してできるだけ荷物を少なくするようにしましょう(参考:キャンプ用の燃料の選び方

 

ガソリンランタン

高い光量を得たいのであれば最適なランタンです。ガソリンを燃やして灯りを得るタイプのランタンです。多少の手間がかかりますが、一度つけてしまえば強い光で主照明として活躍してくれるはずです。高熱となるので子どもなどには注意が必要です。

 

コールマンのガソリンランタンです。圧倒的な光量が魅力です。ガソリンランタンならではコーっという音はキャンプという感じがもろにしますよね。

 

 

ガスランタン

ガスを使って光を得るランタンです。ガソリンランタンよりはランニングコスト(燃料代)がかかりますが、ワンタッチで光らせることができる手軽さが魅力です。ガソリンランタンと同様に高温注意です。

 

全体照明として十分に使えるガスランタンです。

 

スノーピークのガスランタンです。小さな炎ですが雰囲気があります。これで十分な光はだせませんが、雰囲気は最高にいいです。インスタ映えしそうな逸品です。

 

スノピのランタン同様の雰囲気ランタンです。こっちのほうが明るさは低いです。ろうそくのような明るさになります。雰囲気を楽しみたい方に。

 

 

LEDランタン(電池式ランタン)

一昔前までは電池式のランタンはあくまでも「補助」としての役割が強かったですが、近年ではLEDの発達により電池式ランタンでもそれなりの光量を出せるようになりました。また、電池という使い勝手ならびに保存性のあるもので利用できるのもうれしいですね。

 

また、LEDは紫外線をほとんど出さないため明るくしても虫が寄ってきにくいということが挙げられます。これは女性などには大変うれしいですよね。

 

もはやキャンプ場で見ないことはないというレベルで普及しているLEDランタンです。単1電池3本で稼働します。全体照明となるほどのパワーはありませんが、それなりの明るさです。

 

EX-777よりもより明るいLEDランタンです。単三電池6本を使います。EX-777よりも明るいのにコンパクトというところもうれしいです。お値段は少しだけ高め。

 

LEDランタンとその他ランタンの使い分け

ランタンについては近年のLEDランタンの発達を考えると、LEDランタンをベースに組み立てることをお勧めしています。乾電池で利用できるというのはキャンプ以外の非常用としても優れています。

 

タープ下のようなリビングスペースは基本的にLEDを使って照らします。これは紫外線を出さないLEDランタンを中心に据えることでキャンプ時に虫がリビングスペースに寄ってこないという状況をつくることができます。

 

その上で、全体照明な存在としてリビングからやや離れた場所に光量の大きなガソリンランタンやガスランタンを利用するようにします。こうすることで、全体を明るくすることができう上、さらに虫がそちらに誘導されることでリビングスペースを快適にすることができます。

 

 

キャンプ用品を買うなら絶対持っておきたいクレジットカード